やっこの徒然草

やっこの徒然草

このブログはやっこの日記です。不快感を感じた場合はレッツリターンをよろしくお願いしますね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

漫画版Fate/Zeroヤングエース 5月号

あらすじ
一息ついたセイバー陣営に突如乱入し、酒盛りの相手を申し込んだライダー陣営。アーチャーをも巻き込んで、催される王達の宴。その行方は・・・?


藤村大河!冬木市を救う!?
Zero小説では全く触れられることのなかった藤ねえが、かわいい女子高生の姿でゲストとして出てきました!
時期的には、あってます!
Zeroのこの先の展開で、切嗣が購入した屋敷の持ち主が藤村組であり、その縁で切嗣に一目惚れする藤ねえ。
マンガ版で、再登場してくれるかどうかちょっとわかりませんが、切嗣に恋する藤ねぇの青春もおもしろいだろうなと想います。

さて、アインツベルン城で催される王達の宴。
さすがは王様ですね。
一方的に自分のいいたいことだけを言って相手の話を全く聞かない会話のその様子はもはや幼稚園児レベル。
相手の言ったことを聞いた上で自分の考えを述べるといった双方向になっていない。
会話になってないですwww

そして恐るべきはライダーの人間的な器です。
唯我独尊なアーチャーをも誘う度量と、一触即発になりそうな話の方向をうまく誘導して仕切る機転。
力のない者からの無礼が申されようものなら瞬殺しかねないアーチャーに対して、対等にもの申すライダーの力。
ライダー、、、日本の長い会議に一人は欲しい人材だと思います、切実にw

「征服」「奪略」文面だけ見れば横暴なことを言っているライダーですが、
人間的に憎めないように感じてしまうのは彼の考え方が、王から一方的な上から目線ではなく、民と一緒に夢を抱いて歩いていきたくなるそんな共感を感じてしまうからなんでしょう。
自分の夢を果たすならば、自分の力で・・・。他人の・・・聖杯の力を借りてなど・・・という彼の答えはとても素敵だと想います。

話はちょっと脇にそれて、
原作の設定上アーチャーの宝は至上最高の価値をもっているとなっていますが、現代に発展していった様々な宝の起源がアーチャーの宝なのだとしたら、アーチャーの宝物庫の宝がそれほどの性能や価値は実際はなかったんだろうなと思います。
酒を例えにしていますが、最初の頃は酒がにごっていたりうまく発酵できなかったり・・・何度も試行錯誤を咥えていって現代のような香り高い澄み切ったお酒に進歩していったのです。メソポタミア時代の初期の酒は飲めた代物じゃないはずなので、神のお酒とやらはそれは単純雑でおいしくなかったはずですw
アーチャーの宝は、起源元・・・発展する初期の段階のものだから技術的には基礎的単純で強いて言えばこどものおもちゃのように役に立たないがらくたばっかりに本当はなるんですけどねw

(士郎が再現する武器とアーチャーの武具のどちらがすぐれているか?
オリジナルの方がコピーよりも優れいているかどうか?を独断と偏見で考えてみるとw、

ギルガメッシュの宝は、初期の基礎的な段階の代物だから模倣(再現)するだけの技術はもともとないと私は思います。そのギルの基礎的な起源が発展してゆき、実用的かつ複雑な技術に発展していったものが、宝として価値をもっていったのだと思います。発展させていった人達の努力や過程をギルガメッシュは愚弄しているようなものです。
《アーチャーの宝の起源が自分のものだったから、それが広がって発展していった宝は全て俺のもの、という論法は横暴だと思いますw。》

ギルガメッシュの武器は起源元ですが、その後で宝にまで発展したオリジナルとは違います。
士郎の模倣した武器は、発展して進歩済みのサーヴァントの武器(これがオリジナルです)を模倣しています。

発展していった性能の高い完成されたものを、復元再現しようとして、含まれている技術が再現できなくて劣化コピーしたものは確かにオリジナルよりも性能が落ちると思います(ちなみに、全く同じに再現できるならば、性能は同じ価値をもつので、オリジナルもコピーも存在価値は同じだと思います)。
士郎の武器復元能力は復元元よりもワンランク性能が落ちるという設定があり、恐らく完全には性能を復元できないという意味に近いんだと思います。

士郎は、武器を再現させる時に武器が創られ発展していった過程をも再現させています。
そういう意味では、こどものおもちゃのようなギルの宝と創られた過程と使い手の高度な使い方すら再現できる士郎(エミヤ・アーチャー)では、同じ土俵では比較できないでしょうw

仮に、士郎の模倣能力がオリジナルよりもワンランク性能が落ちた贋作しか創れなくても、士郎の模倣した武器の方がギルガメッシュの宝よりも本当は優れていたんじゃない?、とふと思うやっこですw)

それはさておき・・・
アーチャーのお酒を飲んで驚いたセイバー・・・お酒の味がわかるんですね。
ライダーの酒席の挑戦に「受けて立つ!」と応えるセイバーの表情がとてもかわいいです。
勝手に動き回るサーヴァントに振り回されるマスター達w
またまたデコピンされるウェイバー君もかわいかったです。
是非、ご一覧を^o^


次号は、きっとアサシン活躍!
アサシンにもマスターに賭ける願いがあったはずなのに・・・(哀)
次回も楽しみです。


^^
まだまだ肌寒いですが、
桜が舞い散る春の季節となりました。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

ちょっと情けないんですが、また再就職活動となってしまったやっこです。


マイペースで頑張っていきたいと思います。
生暖かく、どうか見守ってやってくださいw
でわでわ^o^


スポンサーサイト
  1. 2013/04/11(木) 16:30:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yakko801.blog.fc2.com/tb.php/86-2e6c48e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。