やっこの徒然草

やっこの徒然草

このブログはやっこの日記です。不快感を感じた場合はレッツリターンをよろしくお願いしますね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

漫画版Fate/Zeroヤングエース5月号

あらすじ

ランサー陣営の工房がビルごと崩壊していき、きっとその場所にはランサー陣営を攻撃しているだろう切嗣が現れるだろうことを期待して言峰綺麗も待ち構えていたがそこにいたのは切嗣と作戦を共にする舞弥だった。舞弥の捕獲に失敗した切嗣は、アーチャー陣営に帰還し作戦を練ることになるが、そこでアーチャーから余分な仕事を頼まれるのであった。

舞弥VS言峰で、切嗣の助力もあり舞弥さんは無事に戦線を離脱できた訳ですが、戦闘シーンをみる限りでは言峰強すぎる!
舞弥さんの装備は近代兵器のはずで、かたや言峰は黒剣なのに俊敏な動きと判断力で近代兵器を使わせない言峰の動きはさすが協会屈指の埋葬機関にいただけはあります!
SN見たときは言峰はただの牧師さんと思っていただけに、これほどの強さを持つ言峰に・・・士郎 勝てそうにない!・・・などと思いました。

アーチャー陣営に帰還した言峰が時臣に、聖杯戦争の状況を連絡することになるのですが、情報収集の役目を持つはずの言峰が外出していたことに関して時臣はあまり深く追求しなかったことが後で災いになるんだろうなと。

戦況報告の中で、キャスター陣営の派手な動きは、冬木の町の管理者である時臣と聖杯戦争を隠密に遂行させたい協会側の言峰(の父)の利害一致で、キャスター討伐の発動を促しました。

個人的に気になるのが時臣が嘆く点です。
魔術は常識の枠の外にあるからキャスター達がやっている魔術による殺戮自体は倫理で問うことはしない。問題はその行為が外部にわからないようにやればよいのにと言っている訳ですが・・・。
人の気持ちを考えればやっていいこととは思えないことでも、魔術師はそんなことは倫理で問わないんだと言ってしまえるあたり生粋の魔術師の生まれである時臣さんらしいです。

凛ちゃんの利発さの中にも他人想いな面が育っていて、それは時臣さんの表情や遠坂家の雰囲気をみれば人の温かさを感じさせるんですが、時臣さんがずっと生きていて凛を大人になるまで育てていれば、凛も時臣さんのように魔術師とはそういう非道な決断も当然なのよ!と言ってしまえる風になってしまうのだろうか?
SNの凛は、聖杯戦争中に士郎も最初はライバルというか敵なんだから・・・と自分に言い聞かせるように士郎を突き放していたこともあるけれど、何も知らない士郎に最初に説明してあげたり同盟を結んでお互いに戦わないようにしようと知恵を働かせていたので、そのあたり彼女は時臣氏と違うんだろうなと感じます。そんな優しさを秘めた凛が魅力的です。

そして報告を終えた言峰の部屋で酒を物色するアーチャーの横暴ぶりが絵になってました。
holowなどで抜けた側面が描かれがちな第4次のアーチャーですが、言峰の例えの「俗物の王」が的をいています。
聖杯戦争では元王様がサーヴァントとして召還されることも多いのですが(第4次聖杯戦争では王の饗宴もあるだけに王様多いな・・・)、その王達の中でひときわ王の権力よくや物欲といった横暴さを表現した王が金色のアーチャーなんだろうと思います。
でもそんなアーチャーの中に品を感じてしまう・・・。
アーチャーは口先だけではなくて、実際に実力もあるし、悪の中でも一級の悪というか彼なりの哲学があるんですよね。
秘蔵の武器を無限大に自分の武器として使う戦い方だけでなく、その武器を集めることができた彼が王だったころの生き方・・・愉悦や快楽、そして人の業を楽しむその精神。

4次のアーチャーがSNでセイバーに求婚するのはセイバーが女性として好きなのではなくて、セイバーの生き方の中に在る業に魅せられてそれを弄りたいからなんだろうなぁと思う。

アーチャーの現界の理由の希薄さに言峰は自分の聖杯戦争への動機の希薄を重ね合わせていて、この部分は漫画版ならではでしたね。後で、アーチャーと契約していく時の複線なのでしょうか?
(自分の内面の希薄さという要素がサーヴァント召還の触媒というか特定のサーヴァントを引き出す要素になって、言峰が触媒なしで金ぴかアーチャーを引き当てたかというと、私は無理なんじゃないかなぁ・・・とも思うけれどそういう表現もありだと思う。後で惹きあうサーヴァントと違うマスターというのもおもしろい。)

最後に切嗣を理解したならきっと自分の希薄さに答えがでるだろう・・・切嗣に近づきたい理解したいという言峰の声が男性らしい感情でいいなと思います。
戦いの中で刃(拳)を交えることを通して相手を理解したい、自分と相手の力を量りたい(力くらべ)という欲求が男らしいです。
アイリが切嗣を理解するような女性が理解するやり方とは全く違うのがおもしろいです。



^^



春ですね・・・。
Fate/Zeroのアニメが始まるようです。
自分の場合、メインPCが壊れて、ぼんやり残念でなりませんが・・・。

後でPC関連電気屋に聞くと、PCは振動にものすごく弱いらしくて 隠れてPCを扱っていたときメインPCはノート型だったもので振り返ってみればそれを閉じて隠す動作がガタガタと振動を与えていたようで、それでまだ動作中の内部のディスクに傷が入って再起動できなくなったみたいなんですね。
メインPC買い替えしないと何もできませんが、買う予算の予定が立たず・・・orz。

リアルが落ち着かないと、何もできないかな?
という訳でアクセスしにくいpixivやフリーズしてしまうtwitterの方も全く手付かずな状況で現在残念です。

せめてできることとして日記にSSっぽいものを思いついたのでよかったら読んでやってください。
EXTRA終了後 (男主×リン)というかリン×男主かもしれない

本当は漫画というか絵をこんな感じで描きたいと思ったシナリオっぽいものなんですが、メインPCが壊れてお絵かきできない以上忘れないうちにストーリーをメモしておけよ・・・と思った代物です。

充実させてほしい作品に「SS」になんかぽちっと追加でありがとうございます。
絵(漫画)は個人的に好きなんだけれど、お呼びでないですか?そうですか?
でもお絵かきできない今の状況だと、結局SSしか作れそうにないので、結局ありがたくその方向で頑張ります。



^^


SS 男主×リン リン選択 EXTRA終了後 レジスタンス現場にて 

「あちっ! 」
慣れない火の扱いで思わず手を引く。
「ねぇ、お兄ちゃん! ご飯まだ~?」
「あぁ、もうちょっと待ってくれ・・・。もうすぐ焼けるから」

ここは砂漠のような荒れた土地に、臨時で設営されているリンの属するレジスタンスのキャンプ場の・・・炊事場だった。
だだっ広い砂の平地にいくつかのテントが建てられ、そのテントに囲まれるように焚き火と調理道具が用意され、僕は食事作りに悪戦苦闘していた。

世間ではテロリストなどと酷評され時には粛清の対象にされているレジスタンス。
だが、レオが属していた西欧財閥の支配の矛盾や歪みは大国の情報操作によって隠されてはいても確実に存在している。
僕が聖杯戦争の中で聞いたレオの理想も目の前の戦争の現実によって虚ろに感じられた。
各国の戦争の対立の中で、リンや僕がいるレジスタンスは真実を探り、誰も聞こうとしないその小さな声を拾い上げようとしていた。
このキャンプ場にいる子供達はそんな戦争の中を生き残った孤児達だった。

「さ~てと、夕食できたよ。みんなを集めて食べようか? 」
「ほんと? お兄ちゃん。じゃぁ・・・呼んでくるね」

家族を失いここに来た当初は心を閉ざしていた子どもたちも、自分と同じ境遇の仲間を見つけ次第に新しい家族として心を開いていった。
僕もリンに目覚めさせてもらい、自分に家族がいなくなっている事実を知った時、僕の往く道も決まったのだと思う。
リンと共に、僕もレジスタンスの道を歩むことを・・・。
友達だから、、、という理由でリンは僕を世界のあらゆる場所に連れて行こうとする。
レジスタンスとしての戦い方や生きる気構えも、教えてくれる。
ただ、まだ戦い方は未熟で聖杯戦争の中で自分の得意だった回復ぐらいしか、今はまだ役には立っていなかったが・・・。
だから僕が今できる与えられた仕事は、レジスタンスが救った孤児達の世話だった。
リンいわく僕は子どもの世話係がお似合いなんだそうだ。
「リン、ひどいな。 それじゃまるで僕は何もできないって言っているみたいじゃないか?」
「ふふっ、子どもの笑顔って素敵でしょ? あなたがお世話するほうがいいみたいよ。」
そんなリンの小悪魔のような声が思い出される。

「あっ、お姉ちゃんお帰りなさい」
食事中の子供達の声で気がついた。
用事で出かけていたリンが帰ってきたのだ。

「お帰り、リン」
「・・・・・・ただいま」
スタイリッシュな体形に機能的な赤いシャツと黒のミニスカートとニーソックスを着こなした金髪碧眼の若い少女はこのレジスタンスのキャンプ場の中でもひときわ人目を惹いていた。
彼女のリンという名前は日本語の凛という字の発音とよく似ていて、リンはただの偶然だと言っていたけれど、その名のごとく凛とした強い意思と判断力を彼女は持っていた。
戦闘魔術が得意で5大要素を扱えるとなると、レジスタンスの再三の戦闘要請にも彼女はひっぱりだこだった。

「リン、疲れただろう? 今 食事の用意をするから・・・」
「・・・、ありがとう。でも今夜はいらないわ。 お腹は別にすいていないし」
「そうか、いいできばえだったんだけどな。食べてもらえなくて残念だ」
「食事が済んだ後でいいから、後で私のテントに来てくれない? あなたに連絡したいことがあるの」
「わかった。後で行くよ」

戦闘の疲れのせいか、心なしかリンの表情にいつもの明るさが感じられなかった。
自分に連絡したいことに関連してきっと何かあるのだろう。
食事を終えた子ども達を寝かしつけてから僕はリンのテントに行った。

「リン、・・・僕だよ。 話し聞きにきたんだけど? 」
リンのテントに立ち寄ると、リンは自分のテントで休んでいたようだった。
けだるさを隠さずに彼女はゆっくりとした動作でテントから出てきた。
砂漠の澄み切った闇の中で、鋭い碧色の視線がこちらに向けられる。
「親方から連絡があったの・・・、あなたにも仕事の依頼が来た。・・・それも囮役よ? 受ける? それとも・・・」
一瞬、自分の体に戦慄が走った。
レジスタントとして生きるということは、その目的の遂行の為に自分の命も賭けるということ。
リンは歴戦の戦歴をもつ優秀な魔術師だが、僕は違う。今まででもリンは僕が命の危険にさらされる事態になることは避けていてくれていた。けれど、そうすることも難しくなってきたということなのだろう。
リンを介してレジスタントのこの要請を、もし受ければ・・・、今後は本当に命の保障のない世界に身を投げることになる。
「断ってくれてもいいのよ? あなたを探して目醒めさせたのは聖杯戦争で友達になったからだけど、ここから先はあなたについて来いとは言わないわ。 別の穏やかな生き方なんていくらでもあるんだから・・・」
「・・・、リンはどうするんだい? これからもずっとレジスタンスとして? 」
「当然よ! 私は自分の正しいと思った道を往くわ。叶えたい夢を実現する為にはそれ相応の対価が必要なのよ。 ムーンセルであなたは何を何を学んで来たのかしら? 」
・・・その聖杯戦争の記憶を、僕は覚えていない。彼女が僕を探してくれたからこそ僕は再び目を覚ますことができた。リンに誘われるままにレジスタンスの道へついていった。流されるままに・・・けれど、そろそろ自分の意思で決める時かもしれない。

自分の中で答えはもう決めていた。ただそれを伝えるのは勇気が必要だった。伝えるなら、もっと彼女に近づいてからささやきたかった。だから、、、
リンの腰に手を添えて自分の方へ寄せようと手を伸ばすと、「 ・・・ッ!」彼女に触れた瞬間・・・リンはほんのわずかだが苦痛の悲鳴をあげて身をよじった。その様子がおかしいので、もう一度今度は優しく彼女の体を触れてみると服で隠されていてみえなかったが彼女の体に包帯が巻かれていることが布地の感触からわかった。

「リン、怪我をしたんだね? 」
「何でもないわよ、このぐらい。 今日の戦闘は少し荒れちゃったから・・・」
彼女はいつもこうだ。自分の信念の為には、痛みを隠し気丈に振舞う。おそらく、もし万が一戦闘で命を落とすことになっても彼女は本当に笑って逝くのだろう。
包帯越しに自分の拙い回復魔法を発動させていくと、しだいにリンの苦悶の表情にいつもの気丈さが戻ってきた。
「痛みは・・・止まった?」
「ありがとう。回復魔法は私苦手だから、いつも感謝しているわ。でもこれからもあなたが私の側にいる必要はないわ。返事を聞かせてちょうだい 」

「答えはYESだよ。 俺も君と共に行く。 今の僕だったら囮役ぐらいしかできないだろうけれどね」
「そんなことないわよ。 情報収集も兼ねてだから、顔の知られている私よりもあなたの方が向いているわ。 それに聖杯戦争でも、あなたは誰とでも分け隔てなく関わっていき、その誰もがあなたに心を開いていった。 その在り方はあなたしかできない一種の才能よ。 私がいうんだから間違いないわ」
「そうかな? でもそういってくれると嬉しいよ」
「あなたが行くなら、私も護衛で一緒に行かなくっちゃね」
「君が? 僕一人なんじゃ? 」
「あなた独りで何ができるの? まだ私がいないと何もできないじゃない」
「僕だって!・・・っ!」

子ども扱いに対する僕の反論を押さえ込むかのように、リンは両手で僕の頬を包み唇で僕の次の返事を塞いだ。

スポンサーサイト
  1. 2012/04/07(土) 16:29:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | マーズブレイズ様ポエム「愛耐運命ト愛待運命」+imageイラスト>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yakko801.blog.fc2.com/tb.php/64-0fb89dc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。