やっこの徒然草

やっこの徒然草

このブログはやっこの日記です。不快感を感じた場合はレッツリターンをよろしくお願いしますね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こんな辺境の地を訪問して頂いている親切なそこのあなた! 閲覧をして頂き、ありがとうございます!><)

とりあえず、生きています。

先週は、■の勉強に岡山に通いだして、朝は早いわ・・・弁当は前の晩ののこりとか冷凍食品を詰め込んで、遅刻せずに通学する毎日が始まり、案の定忙しくて何も出来ていません。
時間は本当に貴重ですね。
与えられる時間はみんな平等なのに、自分はだらだら生活をしていたせいで、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

通信教育だと、意志の弱い自分のことだから・・・多分教科書読んだりレポート出し続けることが段々難しくなってくるだろうと想うのですが、他の人と一緒にだと・・・不思議なことに頑張り続けようという気になります。^^
まじめに通い続ければ、試験はないらしいので、授業を受けるだけでヘルパー2級の■を取れるはず!
頑張ります!


^^

サイトの作品は更新がいつとは言い難いのですが、、、

Picture BBS に「ダン卿&緑茶」マンガを一点UPしました。

そして、未熟な駄文で申し訳ないのですが・・・

男主×赤剣SSを以下に載せます。

^^


男主×赤剣 『お風呂』

白い大理石の神殿に……湯煙が立ち上る。

セイバーが戦いでかいた汗を洗い流す為の風呂に入る為、この白い神殿にはお風呂が設置されている。

セイバーが、自分の入浴に……オレについてこいというので期待して来てみれば、なんのことはない、風呂番としてお風呂の湯の温度調節をマスターのオレにやれと懇願されたのだ。

湯を沸かすなんて雑用をなんでオレがしないといけないんだ? と想いつつも、そこは可愛いセイバーの頼みを断れないオレは……彼女に押し切られて、結局、風呂の湯を沸かす火に風を送るべくうちわを煽る作業をこなしている状態だった。

パタパタパタ……内輪を扇ぐ手をせっせと動かしつつ、セイバーに聞いてみる。
「セイバー、湯の温度はどうだい?」

扇ぐ釜のすぐそこから、セイバーの声が響き渡る。
「うむ! 奏者よ、ちょうどよい温度だ。奏者は、湯番の才能があるぞ?」

セイバーは気持ちよさそうに風呂の湯を楽しんでいた。
よほど、リラックスしていたのだろう・・・普段はマスターとしてオレを立てていてくれたセイバーの言葉が、昔を思い出してのことなのか? まるでオレが召使いであるかのような横暴さを帯びたのを感じ、思わず立ち上がって叫んだ。
「そっ!そんな才能あっても、嬉しくないよ!? オレは……」

立ち上がった直後、視線が高くなると同時に、湯船に浸かるセイバーのしなやかな肢体が視界に入った。

「ほう、奏者は余の肉体の芸術的な魅力を見たいというのだな?」

「そっ、そんなことを……オレは……」
にやりとこちらを見返すセイバーの視線に、逆にオレの方が羞恥心を感じてしまい思わず顔を横に反らせる。

「そういえば、奏者も余の風呂を沸かすために・・・汗を掻いておったな。ほら、奏者の額にこんなにも汗が沸いておる。そうじゃな……だから、奏者も共に入ることを許す! ほら、入るがよい!」

言うなり、セイバーは……服を着たままのオレのうなじに手を伸ばすと、そのまま湯船の中に・・・引き込んだ。




そして、白い神殿の中は湯煙で隠されていようとも、そこから響き渡る水音は・・・次第に、艶やかさを増していくのだった。




^^

日記の更新は可能な限り週一の日曜か休日の末日ぐらいに、おまけミニSSを載せて・・・すこしでも閲覧してくださる方々が楽しんでくれたら幸いです。



スポンサーサイト
  1. 2011/09/19(月) 19:32:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | お知らせ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yakko801.blog.fc2.com/tb.php/31-51a7713d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。