やっこの徒然草

やっこの徒然草

このブログはやっこの日記です。不快感を感じた場合はレッツリターンをよろしくお願いしますね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一昨日の金曜に面接練習二回目を終えて、明日、本番面接を控えてた やっこ さんです。汗汗

面接練習では、いろんな人達が練習に来られて・・・雰囲気がラフでした。
しかも、講義・指導の方が、「本番で実力が出ればいい!ここでは、失敗した方が勉強になるのです!」という言い方をして頂き・・・自由でリラックスした感じで面接練習をすることが出来ました。(^^)

そこで、気がついたのは、本来の自分を出せばいい・・・その為にリラックスできるコツを教えようとしているのだと後でわかりました。失敗した時に、叱られる習慣を受けるので・・・どうしても萎縮しがちなのですが、逆にそういう工夫をされると・・・リラックスして前向きに取り組めるな・・・自分もその点を意識できたらいいと思いました。

面接練習中に、面接を受ける側と面接する側になって練習したのですが、自分が面接してくれた方に「社長!ついていきます」と言ったらみんな笑ってくれました。w 

^^)



こちらに訪問して頂いているFateの方々に申し訳ないので・・・

稚拙ですが・・・SS特訓も兼ねて・・・
______________________________

Fate/Zero イスカンダル&ウェイバー

憎悪をむき出しにした声におびえる マスター。
顔を見なくとも・・・その口調・マスターとの会話の内容から窺える魔術師としての高い力量。

どうやら、この声の主である魔術師と仮にも我がマスターとなったウェイバーは教師と教え子の間柄らしい。

・・・自分を召還するはずの聖遺物を、あの声の主からこの坊主が奪ったので、自分はこの小さなマスターの隣にいることになったらしい。本来なら、余は・・・この青年ではなく・・・あの声の持ち主と契約する予定たったことが・・・会話から窺えた。

殺意を帯びた声に萎縮し・・・恐怖を隠すことすら忘れた我がマスター。

ウェイバー・ベルベット
魔術師としては、恐らく未熟なのだろう・・・。
契約開始時に魔術回路を繋げた時から自分へと流れこむ魔力の量は、自分を支えるには明らかに・・・足りない。

だが、自分は・・・この頼りなく未熟な、小さなマスターに好感を覚える。

かつて世界を征服せんとして幾多の国を駆けめぐって来た記憶。
自分を信じてついてきた大馬鹿者達の・・・それぞれは例え小さな力であろうとも、それらを集めた皆が我が力なり。
征服王たる自分にとって、マスターとしての資格とは、その持てる力の大きさが問題ではないのだ。

例え、ひ弱でも・・・その力がとても小さなものであったとしても、自分を信じてついて来た者を・・・余は、彼等のその全てを受け入れてきたのだ。

少なくとも、戦場に姿すら現そうとしないこの声の主よりも、この小さな魔術師の方が余にとってはマスターにふさわしいと感じる。



イスカンダルは・・・恐怖におびえるウェイバーのその肩に、そっと手を置いた。



勇気を出すがいい。
坊主、お前には余がついているではないか?



ふるえるその肩から、・・・次第に緊張がとれていくのがこの手に伝わってくる。


そうだ、それでいい、坊主。
お前は余のマスターになったのだ。それを・・・忘れるな?


坊主に安堵の念が宿ったことを感じ取れた余は、再びこの声の主に冷や水を浴びせるべく、次の言葉を何にしようかと思案するのだった。

そう、___貴様は余のマスターにはふさわしくない、、、とな。__


(終)
______________________________


もともと、小さなSSもどきは、pixivのスタックや小ネタ集で小説の練習としてやっていたので、この日記に同じようにやってみようと思います。
せっかく訪問していただいたFateの方々のご足労を無駄にならなければ嬉しいのですが・・・


^^)

追記
日記の文中に不適切な表現がありましたので、ご指摘の箇所を削除しました。
倫理上、不適切であったことをお詫び申し上げます。
ご指摘、ありがとうございました。


拍手メッセージをありがとうございます。 お返事は続きからご覧頂けたら幸いです。


8/28 20:50の方

メッセージをありがとうございます。ご指摘のとおり、思慮の足りない軽率な表現であったと思います。
該当の箇所は削除するとともに、謝罪しようと思い至りました。

もしよろしければ、今後ともご助言ご指摘頂けたら、私にとっての勉強にもなります。
よろしくお願い申し上げます。
拍手を大変ありがとうございました。

スポンサーサイト
  1. 2011/08/28(日) 20:26:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yakko801.blog.fc2.com/tb.php/27-6349a038
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。