やっこの徒然草 Fate/Zero 漫画版 感想 2

やっこの徒然草

このブログはやっこの日記です。不快感を感じた場合はレッツリターンをよろしくお願いしますね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Fate/Zero 漫画版 感想 2

ヤングエース9月号 Fate/Zero 漫画版 感想 !!!

文庫でいうとFate/Zero2巻の前半act4あたりですね。

ウェイバー君が、ヘタレで萌えすぎます。なんであんなにヘタレでかわいいんだ?
師である、ケイネスを出し抜けるだけの知識と実行力があり、老夫婦に暗示をかけて居住地を自分でなんとかする手腕といい・・・魔術師としての力は秀才として認めていいのでは?
Fateの士郎は魔術師としては一つの魔術しか使えないが、どんな窮地でも精神的に立ち上がろうとする精神力があるので・・・対照的ですね。
小説だと、ケイネスも時計塔にてウェイバーに嫉妬していたという描写が実はあったりします。にやにや
ただ、後の戦いでケイネスの戦闘力を考えると、ウェイバー君が師の「死の宣告」にびびるのも・・・当然だと思います。
小説のケイネスのねちっこい嫌みな言葉が、漫画にてその表情が余すことなく表現されています。
こんな先生だとグレたくもなりますね。w

その後の、ウェイバーの背中を優しく触れるイスカンダルの包容力が・・・萌えです!
漫画だと、紙面が限られるせいか・・・イスカンダルに背中を触れられて・・・恐怖から勇気をとりもどすウェイバー君の表情が描かれてなくて!残念すぎる!イスカンダルがケイネスのサーヴァントでなくて、本当によかった。

アーチャーの登場は彼の性格を考えれば当然なのですが、バーサーカーが何故アーチャーを真っ先に狙ったのか・・・漫画版だと説明が足りない気はしますね。仕方ありませんが・・・
バーサーカーのマスターである雁夜が、命をかけてまで桜の為に聖杯戦争に参戦し、孤独な桜ちゃんにとって彼だけが心を許す会話をやりとりしていたことや、雁夜の狂気じみた表情は彼や桜の生い立ちの重さ故なのですが、漫画版だと雁夜の心情が理解してもらえたらいいのだけれど・・・と想わずにはいられない。

でも、金ぴかの宝具の迫力ある衝撃や、バーサーカーのスタイリッシュなデザインはとてもかっこいい!と感じました。
これは漫画のビジュアルでないと伝わりませんよね。いつも、その画力には感嘆します。

という訳で、次回 アーチャーVSバーサーカー!!!
きっとビジュアル重視の迫力満載の戦闘が展開されるに違いない^^)

漫画と小説はそれぞれ表現できる方向が違いますから、両方見るとより面白いですよ。^^)
自分も、人に言えるほど、小説をすいすい読めていませんが・・・

拍手を後ほど入れて頂いたようで・・・ありがとうございます。^^)その分のお返事です。
Y様へ

偶然って怖いですよね。Fateの場面のその場所に実際に行っていたなんて、羨ましいです。言峰神父が出てこなくて、よかったよかった。メッセージを重ねて入れて頂いてありがとうございます。^^)
スポンサーサイト
  1. 2011/08/06(土) 16:30:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yakko801.blog.fc2.com/tb.php/18-271b3a25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。