やっこの徒然草 Fate/Zero 漫画版 感想

やっこの徒然草

このブログはやっこの日記です。不快感を感じた場合はレッツリターンをよろしくお願いしますね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Fate/Zero 漫画版 感想

pixivのスタックにて、ヤングエースに連載されているFate/Zero 漫画版の感想を呟いていたのですが、
こちらの日記にて書いていこうかと思います。
(今回はEXTRAの原発ネタについても余分に付いてます。)

とりあえず、今までの感想の掲載分

ヤングエース7月号 Fate Zero漫画版感想(これはあくまで一個人のものの見方の一つです。ご不快な方はスルーをよろしくお願いします。)セイバーVSランサー激戦!戦闘面での臨場感あふれる描写が素晴らしいです。戦いと聞くと不快感を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、大切なものを守るもしくは達成したい目的がある、その時に利害がぶつかった場合に・・・もし、どうしても譲れない場合はどうするでしょうか?相手に負けないように・・・己の全てを武具に注ぎ相手にぶつける・・・、それが戦闘のロマンです。お互いに戦い方の定石は知っているので、相手を越える為にはいかに相手の読みを越えるか・・・が問題になってきます。最初に宝具を触れ合わせた時の、ランサーの不可解な力に対するセイバーの驚きを見ていると、まるで読者の私も一緒に戦っているかのような錯覚を覚えます。そして、守備を捨てて魔力の全てを攻撃にまわしたセイバーの決断力が すさまじいなと想います。基本能力の高いはずのセイバーに対して全く不利を感じさせない槍捌きを感じさせるランサー・・・ついにセイバーの読みを外すことに成功しました。次回請う期待といった感じでしょうか?余談で若い頃の言峰の真っ直ぐさに私は少し萌えました。言峰自身の心の中の問いは、切継に向かい合うことではなくて、自分自身に問うべきだったのかもしれません。そうでなければ、後に士郎に対して執着してなお収まらぬ絶望がSNで展開されようはずがない・・・と少し思いました。



ヤングエース8月号 Fate/Zero感想!なんて言ったらいいんですかね?イスカンダルの親父萌えです!惚れました、私。戦闘燃えの私としては、セイバーとランサーのような正攻法で覇道を争う戦いぶりは見ていて爽快です。聖杯戦争に出場するサーヴァントが全員彼らのような性格であれば、嬉しいところですが・・・、話の展開としてはずっと単調な戦いが続くでしょうから、イレギュラーな存在は是非欲しいところです。イスカンダル、凄まじいですね。彼の包容力!「征服して命を奪わず。辱めず。(だったかな?)」実在の彼は歴史の教科書だと、親父のフィリッポスの軍事力を受け継いで世界の制服に駆けめぐった…力で、自分の国を守ったり周囲をねじ伏せて自分の願いを叶えるという意味では、セイバーやランサーと論理的に考え方は変わらないと思っていたんですが、史実の東西文化融合をしたという事実を、朋友という形で全てを抱き込むというキャラクター性がすごく魅力的です。金ぴかなら、逆のことを言ってきそうなだけに、後でセイバー、イスカンダル、金ぴかが出会ったら・・・楽しいことになりそうな予感。普通だったら、阿呆の一言で相手にされないような台詞ですが、彼に力があるからだろうから・・・馬鹿にはされないで、きちんと断ってきますね、セイバー・ランサー共にウェイバー君、使い魔に振り回されています。wwwでも、それが楽しい。イスカンダルの性格なら召還した主を殺したり傀儡にするようなことはしないでしょうから、みていて楽しいコンビです。なにやらウェイバー君とランサーの主はただならぬ関係のようです!ウェイバー君の恐怖の表情に次回乞うご期待。

一応、6月から読み出して・・・7・8月号の感想を書いたんですよね。


ネット上でもFate/ZEROは小説版が文庫1巻分だけ無料で読めるのでhttp://sai-zen-sen.jp/sa/fate-zero/、
もしよかったら読んでみてくださいね。

Fate ZERO 小説 一巻分(ネットUP分)http://sai-zen-sen.jp/sa/fate-zero/ 、
全然読めてないなぁ・・・。冒頭だけ読んだんですが・・・、切継のイリヤへの想いと妻の・・・愛「僕はいつか君を死なせる羽目になる。」それを理解した上でのアイリスの切継への愛。これは漫画版だけでは知ることはできないだろうと思います。

FateZeroでも、切継さんが何故武器に銃を選んだかといえば、魔術しか信じられない魔術師達に対抗できる力が近代科学によって生まれた武器の力だと考えてのことですから、暗殺の闘法は切継の理念であるにしろ、切継の選択した魔術と科学の融合された戦い方に自分は興味を持ってしまいます。


追記 EXTRA 原発ネタ

EXTRAのアーチャーが確か・・・原子力発電の事故を救う為に自分が救援活動に行ったみたいな記述があったのですが、アーチャー・・・あなたは原子核分裂の仕組みちゃんと理解していたの?・・・無理ですよね、、魔術ですら遠坂さんにおんぶにだっこで(そこが萌えですが)原発に凛は連れて行けない。一度火が付けば燃え尽きるまで止まらない毒の塊・・・しかも周囲に破壊エネルギーを撒き散らす悪夢の死の灰。それが周囲に放出される事故をアーチャーが救ったと言うならば、どうやったんだろうなぁ?とふと思う。可能性としては、原子力発電所や内部の原子炉の構造把握をアーチャーが行って、毒を包みこんだ原子炉ごと…UBWで我様が聖杯の穴を開けてその穴に飲み込まれたように…世界の果てに移動させることかな?と考えてみたのですが…。原子炉の冷却機能や遮蔽の亀裂などの修復は…原子力運営の人間でない限り理解できないので難しいし、アーチャーでも無理でしょうから…。


また、タイプムーンエースにてFate/ZEROの漫画版を読み次第、感想を述べていこうと思います。
おつきあいよろしくお願いします。^^)



スポンサーサイト
  1. 2011/08/02(火) 17:30:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yakko801.blog.fc2.com/tb.php/15-4f7a8738
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。