やっこの徒然草 2011年11月

やっこの徒然草

このブログはやっこの日記です。不快感を感じた場合はレッツリターンをよろしくお願いしますね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ホームヘルパー2級の実習がついに終わり、付属の授業である介護事務(ケアクラーク)を受けています。
50分授業みっちり、教科書を読んで下線を引き、明細書を書く練習をしています。

ホームヘルパー2級の座学は、、、まだ余談ありレクレーション的な休憩を挟んだりして頂いていたのですが、
介護事務は全くおもしろみのない苦行の時間がひたすら続いており・・・かなり辛いです。

付属の授業なので、ホームヘルパー2級の資格と違って、受けるだけでは資格取得成らず・・・試験を受けて合格しないといけないんですよね。試験を受けるかどうかは任意なのですが、、、自分は受ける覚悟ですので、初っぱなから本気で授業にかぶりついています。
問題集を頂いているので、実質介護事務の授業が今週中しかないので、先生の授業を受けているうちにできればある程度は問題を解いて、わからない部分を訊いておきたいところです。
ところが、明細書と称する実技レポは問題集に入っているものが8枚入っていて(+余分に2枚)・・・一枚30分以上かかるので、最低5時間・・・orz。
当然連続で出来るわけもなく・・・家事と休憩の合間を縫ってやってみて、全部は出来なかったけれど・・・わからないところがどこか?なんで間違えたかわからないミスの箇所だけは判明させたので、先生にお尋ねしてみようと思います。

授業終了後は、自力で解いて理解して、本試験に突入・・・なので、時間いっぱい頑張りたいです。

介護事務の習得に時間を食われてしまって、、、本屋で買った「マンガで見る源氏物語 砂崎 良著 上原 作和監修」を読む時間が全然なくて、残念です。><)
昔、源氏物語のコミック「あさきゆめみし」を読んでいたので、再燃という感じです。

源氏物語は最古の物語で、恋愛あり権力闘争ありのこの物語を、当時の女性はこぞって読んでいたそうです。
気になったのが、主人公源氏の光の君が亡くなるまでが作者紫式部の正式な原作であり・・・、その後の2世代目のお話薫達の事後伝は同人誌のようなもので・・・源氏物語を読んだ読者が、きっとこの物語の続きはこんな展開やオチがあるに違いないと創作して出来た結果らしいです。

今も昔も・・・二次創作を創り楽しみたいという気持ちは変わらないのですねぇ(笑)



^^


Fate/Zero アニメ9話 感想


ケイネスの弱った姿が痛々しいです。
小説では、ソラウが自分の元を去っていくかもしれない恐れが描かれています。
・・・・・、ケイネスは学院に入ってソラウに惚れたそうですが、どうしてなのか・・・私にはわからないです。
お互いに愛情があって婚約したとは、私には想えず・・・ソラウの行動を見ていると自分は辛いです。
それでも、彼女に去られてしまうことはケイネスにとっては命がなくなるよりも辛いかもしれません。


切嗣は完全にセイバーを信頼しなくなり、一人で行動するようになりました。
セイバーとの間を取り持つアイリの戸惑いは当然で、しかし切嗣は全くそれを斟酌しません。
「舞弥が使えるようになるのはいつか?」ちょっと待ってくれ、切嗣さん!(強調表現だと思いますが・・・)舞弥は道具ではなくて生きた人間ですよー?


ウェイバー&ライダー組には、いつもですが癒されます。
今回ライダーはウェイバーを褒め讃え、その賞賛に頬を紅潮させているウェイバーが非常に萌えでした。
試験管を抱えて、基礎検査を行うウェイバーの知的な格好良さが・・・地味ですが、自分は好きです。
何事も基礎を積み重ねることで・・・一見単純なことが絡み合って複雑なことが起るのだから、恥じることは全くないと私は思う。むしろ、基礎をないがしろにすることを恥じるべきだ、ウェイバー君!
そんなウェイバーの理論的な理解力がいずれ花開く時がきっとくるんでしょうねぇ・・・^^)

キャスターの陣地での、ウェイバーとライダーのやりとり・・・ウェイバーの心(人格的な)の成長の芽生えが描かれていてとてもよかったです。ライダーはウェイバーを育てるのが上手いなぁ・・・。


^^

Zeroランサーディルムッドの黒子の呪いは女性を狂わせて彼自身を不運に陥れてしまうのですが・・・
自分だったら、EXTRA男主人公をマスターにして愚直な展開ながら、ひたすら騎士道を貫かせてあげたいなぁと想ったりします。描いた本人しかつまらないのかもしれないけれど・・・・・・;^^。

魔法使いの衣装が緑色だと想うのは自分の思いこみでしょうか?
ウェイバーの服装の色が緑色なのが・・・密かに嬉しいです。
ウェイバーが第4次聖杯戦争終了後、学院に戻って講師になり・・・そこに生徒となった凜と士郎?とで、大聖杯の封印をするという話が噂されているようなんですが、マテリアルの設定なのか?そんなもの自分には手が届かないよ?
という訳で、あれば読んでみたいし、なければ二次創作で描きたいなぁと想ってならない。

ですが、なかなか描く時間がないなぁ・・・とほほ。

という訳でついでに、オタクメモでした。

;^^
スポンサーサイト
  1. 2011/11/27(日) 23:43:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。