やっこの徒然草 2011年09月

やっこの徒然草

このブログはやっこの日記です。不快感を感じた場合はレッツリターンをよろしくお願いしますね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ホームヘルパー2級の■取得の勉強が始まって、二週間が経ちました。

先週は平日がたったの3日間という・・・短っ!( ゚Д゚)
そして来週は通常通りの5日間とはいえ、ここのところの連休続きで・・・通学するのがしんどくなりそうです(笑)

ホームヘルパー2級というのは、ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、ご高齢の方の介護の技術と心得を学びます。
ですから、人が老いる時に直面する肉体的な老化の症状だけでなく精神面での老いの宿命をも知ることとなり、自分が介護という職に就いて手助けするだけでなく、自分自身が老いたときにどうなっていくのかが・・・実感は湧かなくても少なくとも理屈の上では前もってわかってしまって、もうがくがくぶるぶるです。

いろんなものが失われていく毎日、今日出来たことが明日出来なくなるかもしれない恐怖。
周囲に過去の自分の想い出を共有し会話できる人が次第にいなくなってしまう寂しさ。
明日の朝をちゃんと迎えられるだろうか? そんな生への切実な想いをもって、生きることはなんて切ないことなのだろう。

そう想うと、今 まだ自分の体が自由に動けることがまるで当たり前であるかのような錯覚を覚えるのですが、この先10年20年と時間が経っていった時に振り返れば・・・きっと奇跡のような時間なのかもしれません。

時間は大切だ、と最近 身につまされる想いがします。



自分もいずれ動けなくなる時がくる。
その前に、出来るだけのことはしていかないとな・・・いえ、そうすればいいのかもしれないなと想います。

仕事に就くための勉強や経験もですが、
この趣味一つを考えてみても・・・

人物の心や感情の籠もったイラストを描いたり、小説の技術を学ぶにしても・・・忙しい毎日の中から、少しずつ飽きずに諦めずに勉強することのなんと難しいことか?

他の方のような画力豊かな絵の表現力や読む者を虜にするような魅力的な小説の域まで、自分は果たしてたどりつけるのだろうか?

何もできないまま、老いていくのかもしれないなぁ・・・郷愁煽る秋の涼しさと虫の音に、いろいろな迷いが心によぎります。



^^


Fate/EXTRA キャスター(狐)SS

『契約の門』

(Fate/EXTRA キャスター(タマモ)が主人公と契約する直前の、ムーンセル内で待機中の時の場面です。主人公に呼ばれる契約前の彼女の想い。)


^^



どこまでも青く澄み切った海の中を、私は・・・まるで生まれる以前の母のお腹の中にいたかのように・・・体を丸め両膝を抱えて漂っている。

かつて、自分は玉藻の前と恐れ崇められた妖狐でありながら、自分を崇める人間というものに興味を持ってしまったが為に彼等の歴史に残ることとなり・・・そして、今 サーヴァントという使い魔として行使される存在に成り果てた。
そのことに自分は微塵の後悔もない。

だが、哀しいと想うことがあるとするなら、自分が救いたいと願い愛した人間が自分の想いに反して目の前から去ってしまうことだった。

・・・・・・聖杯戦争

回想にふけっていると、かつて自分が仕えてきたマスターが、私の無力さゆえに虚無の闇に消えていった姿が脳裏に浮かぶ。自分が愛し守ろうとした主人が戦いに敗れ、絶望に打ちひしがれたその表情を、自分は決して忘れることが出来なかった。


聖杯戦争というカラクリを自分は既に知っている。
幾度同じことが繰り返されたらこの戦いは終わるのだろう。

ムーンセルを操る為に、自分を見限った最初のマスター、トワイス・ピースマン。
優しすぎて、何度も何度も敗退し・・・それでも自分にはわかる、彼はこのムーンセルのどこかできっと生きているのだろう。

彼が自分を呼ぶことはこれからもないだろうことは既に悟っていた。
そして、サーヴァントとしてムーンセルに召還され行使される存在に過ぎない自分には、この繰り返される殺し合いをどうすることも出来ずに、ただ状況に流されるまま戦い続けることしかできないことも。


自分はいつまでこんなことを繰り返せばいいのだろうか?

物思いにふけっていると、また以前と同じように水面から光が周囲に溢れ煌めきだした。

そして脳裏に響く悲痛な声。
「___死に、たく・・・ない! 誰か、助け・・・」


ムーンセルによる召還の要請である。

また、自分は自分に助けを求めるこの声の主を・・・死なせてしまうのだろうか?
再び、契約を繰り返し、この声の主を愛し抜いたあげくに死なせてしまうのだろうか?

けれど、自分には拒むことが出来ない。
なんと弱々しく無意味に抗う人間よ、自分はその愚かさを知っているはずなのに・・・・・・。
同時に自分を惹きつけてやまない、その非力な体からは想像もできない人間の魂のあり方に、自分は憧れてしまったのだから。

助けを呼ぶ声が自分に届いたということは、ムーンセルがこの声の主と自分との適性の照合をしようとしているということ! それは、自分が助けなければ、誰もこの声の主に助け手などおらず・・・見捨てれば、消滅しかないということをも意味するのだ。

脳裏によぎる、かつて契約したマスターの消滅間際のその哀しそうな表情が。
それでも、自分と契約することで、少しでもその生を長く引き留められるだろうか?


サーヴァントとしては、自分は決して強くないことを自覚しているけれど、、、それでも弱音を見せることは・・・できない。

それは虚勢を張る為ではなく・・・・・・

新しいマスターが自分自身の運命に怯えないように、恐怖を持たずに、抗う勇気を少しでも持てるように、・・・・・・

例え契約するのが力の弱い自分であろうとも・・・・・・

絶望で覆い尽くされた自分の心を押し隠し・・・努めて明るい表情に切り替えながら・・・その悲痛な声に注意深く耳をそばだてつつ、私は、この深い海の底に降り立ち、新しい主の元へと続く・・・光輝く門に向かって歩き出す。

不安と希望を胸にして・・・・・・

きっと、今度こそ・・・自分を呼ぶこの新しいマスターこそ、この運命を変えてくれる者だろうか? と、


^^

以前、日記にSSをUPした折に、拍手をしてくださってありがとうございます。
読んでくださり、とても嬉しいです。


スポンサーサイト
  1. 2011/09/25(日) 13:56:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。